スマホ用メニュー
おすすめ水道業者・厳選5社をピックアップ!迷ったらまずはココから!

洗濯機の水漏れで修理にかかる費用

洗濯機の水漏れの原因が分かったら自分でできる修理なのかプロの水道業者に修理依頼をしなければならないのかを考えるキュー。

洗濯機の水漏れの原因

  • 蛇口部分の水漏れ
  • 排水ホースの劣化
  • 排水口のつまり
  • 洗濯機本体の故障

洗濯機が水漏れを起こしたら、排水か給水か洗濯槽内部のどこで起こっているか確認する必要があるキュー。

配水側の場合は、排水ホースの破損、給水側であれば洗濯機と水道の蛇口との接続部分の緩みです。

それ以外であれば洗濯槽内部の老朽化ということになります。

洗濯機の水漏れで自分で修理できる箇所の修理費用

洗濯機の水漏れは、場所が限られているので自分で修理できる場所と修理できない場所と分かりやすいキュー。

排水ホースやパーツ交換の費用

排水ホースや蛇口部分の接続部分からの水漏れの場合は、ホームセンターなどで蛇口のナットやパッキンを交換で水漏れ修理できるキュー。

蛇口のナットであれば、修理費用の目安は750円から1,500円で新品のパーツ交換で問題ありません。

排水ホースの修理費用の目安は、500円から1,600円で排水ホースの交換ができます。

排水口つまりなどで修理が必要なトラップ用エルボやニップルなどもホームセンターなどで購入が可能です。

修理費用の目安は、400円から1,000円くらいになりますがストッパー付きのものになると1,000円以上になるキュー。

洗濯機の水漏れでプロの水道業者に依頼する修理費用

蛇口のハンドル部分の修理、交換を依頼した場合は、作業費用に6,000円~8,000円かかり、出張費用も3,000円~5,000円の修理費用です。

パッキン修理、交換費用は1,000円~3,000円です。

排水ホース修理、交換の作業費用は、5,000円~7,000円かかり出張費用に3,000円~5,000円、ホース部品代で2,000円~4,000円程です。

水道業者に依頼すると作業費と出張費がとられるので、割高になるキュー。でも、圧倒的に間違いはないから安心だキュー。

洗濯機本体の買い替えにかかる費用

洗濯層内部からの水漏れの場合は、排水バルブや排水ダクト、洗濯槽パッキンの交換で修理が終われば修理費用はパーツ交換の費用だけで済みます。

しかし、洗濯機本体の交換となると、洗濯機の種類によって費用が異なるキュー。

簡易乾燥機能付洗濯機の洗濯機だと旧モデルで3万円ほどで購入できるものもあるし、新モデルであれば8万円以上の費用がかかります。

ドラム式洗濯乾燥機だと安くても10万円以上の費用がかかります。

洗濯機の寿命がくるまでは、できるだけ水漏れなどトラブルがないように過ごしたいキューね。

失敗しない!業者探しの秘訣!

  1. 最低条件!
    指定水道工事店
    を選ぼう!
  2. 電話応対・
    対応スピードを
    しっかり見よう!
  3. 必ず事前見積
    をとろう!
  4. 安すぎる見積に
    注意しよう!
  5. 料金説明の明瞭な
    業者を選ぼう!
  6. 実績、会社の規模感
    をしっかり調べよう!