スマホ用メニュー
おすすめ水道業者・厳選5社をピックアップ!迷ったらまずはココから!

トイレの詰まりを予防するには

トイレの詰まりを予防する最も効果的な方法は、水に溶けるトイレットペーパー以外は流さないことだキュー。

トイレクリーナーやペットのトイレ砂などは、パッケージにトイレに流せると書いてある製品もあるけど、使い方や流す量に注意が必要だキュー。

また、トイレの水は必要な量だけ十分流すこともトイレの詰まりを予防することに繋がるキュー。

流しても問題の無いのはトイレットペーパーだけ

トイレに流しても普通の量であればトイレの詰まりを起こす恐れの無い物はトイレットペーパーだけだキュー。

ただしトイレットペーパーでも一気に大量に流したり、短時間のうちに何度も流したりすると、溶ける速度が間に合わないからトイレのつまりを引き起こしてしまうキュー。

トイレのつまりを予防する為には次の点を気をつけると良いキュー。

  • トイレットペーパーを大量に流さない
  • なるべく時間を置いてから流す

注意が必要なペットのトイレ砂とトイレクリーナー

ペットのトイレ砂やトイレクリーナーは、パッケージに「トイレに流せます」と表示されている製品があるけれど、中には水に溶けない製品もあるんだキュー。

トイレットクリーナーの数社を調査した結果、完璧に溶けた製品は一社しかなかったという報告もあって、消費者庁が事業者に改善を促す警告を出したという事例があるくらい、トイレクリーナーでトイレが詰まったケースは数多く起こっているんだキュー。

使用説明書を読むと、「大量に流さないでください」という注意が書いてあるはずだキュー。トイレ砂やトイレクリーナーをトイレに流す場合は説明書を良く確認しておいた方が良いキュー。

流してはいけないものは?

トイレのつまりを予防する為には次のものも流さない方が良いキュー。

  • 食べ残し
  • ティッシュペーパー
  • 紙おむつ
  • 猫のうんち

ティッシュペーパー、紙おむつなどは紙だから大丈夫と油断して流してしまう人もいるキュー。これらは流しても大変溶けにくいから流さない方が良いキュー。

猫を飼っている人は、猫のうんちを流さないことも大切なんだキュー。猫はグルーミングをした時に、自分の毛を大量に飲みこんでしまうから、うんちと一緒に排泄されてしまって、毛がトイレのつまりを引き起こしてしまうんだキュー。

節水が詰まりの原因となる事も

タンクにペットボトルを沈める、水栓レバーは常時小だけを選ぶなど節水をしている一般家庭もいるキュー。でも流す水量を減らすと、トイレットペーパーを十分に溶かすことができず、トイレつまりの原因となってしまうキュー。

 

トイレは元来しっかり流れるように設計されているから、その水を減らしてしまうとちゃんと機能しなくなってしまう危険性があるのだキュー。

失敗しない!業者探しの秘訣!

  1. 最低条件!
    指定水道工事店
    を選ぼう!
  2. 電話応対・
    対応スピードを
    しっかり見よう!
  3. 必ず事前見積
    をとろう!
  4. 安すぎる見積に
    注意しよう!
  5. 料金説明の明瞭な
    業者を選ぼう!
  6. 実績、会社の規模感
    をしっかり調べよう!
おすすめ業者
水道救急車 水道救急車
おすすめ業者
くらしの水漏れドクター くらしの水漏れドクター
おすすめ業者
クラシアン クラシアン