スマホ用メニュー
おすすめ水道業者・厳選5社をピックアップ!迷ったらまずはココから!

給水管から水漏れがある場合

水漏れの修理はほとんどの場合、業者を呼んで修理すると思うキュー。でもトイレの給水管からの水漏れは一般家庭でも直せるケースがあるキュー。

給水管から水漏れする原因は何?

給水管から水漏れをする理由は以下の事が考えられるキュー。

  • 経年劣化
  • 温度・湿度・汚れによる劣化

給水管が経年劣化によって腐食したり、詰まってしまったりして給水管にひび割れが生じて水漏れしてしまうんだキュー。

トイレの給水管の耐用年数はおよそ15年程度だキュー。でも温度や湿度、汚れによって、もっと短い期間で劣化してしまう場合があるキュー。

 

自分で修理出来る事は?

給水管からの水漏れが少量の場合には、パッキンを交換することで解決する場合があるキュー。

パッキンを交換する時には必ず止水栓を閉めるキュー。閉め忘れると水漏れどころじゃなくなるキューよ。

給水管の直径に適したサイズのパッキンが必要なので、現在使っているパッキンを外して購入する店に持参して同じサイズのものを購入するキュー。

パッキンを入手したら次の手順で作業を行うキュー。

  1. マイナスドライバーを使って止水栓を止める
  2. タンクのふたを開けてレバーを回してタンク内の水を空にする
  3. 給水管に残った水が床にこぼれないようにバケツを置く
  4. 給水管のナットを緩めて給水管を外す
  5. パッキンを交換する
  6. 再度給水管を取り付ける
  7. 止水栓を開けてタンクに水を貯める

給水管から少量の水漏れをしている場合には、パッキン交換で解決することが多いキュー。

ただし、給水管にひびが入っているなどの理由で大量に水漏れしている場合には、すぐに専門の業者に修理を依頼した方が良いキュー。

給水管からの大量の水漏れは早めの対応を

漏れている水の量が多い場合、給水管にひび割れなどの深刻な問題が起きている場合があるキュー。そのままにしておくと床の中に浸み込んで、床下まで腐食してしまったり、2階のトイレであれば、1階の天井にシミができてしまったりするキュー。

水漏れの量がひどい時はすぐにプロの専門業者に相談する事をオススメするキュー。

失敗しない!業者探しの秘訣!

  1. 最低条件!
    指定水道工事店
    を選ぼう!
  2. 電話応対・
    対応スピードを
    しっかり見よう!
  3. 必ず事前見積
    をとろう!
  4. 安すぎる見積に
    注意しよう!
  5. 料金説明の明瞭な
    業者を選ぼう!
  6. 実績、会社の規模感
    をしっかり調べよう!
おすすめ業者
水道救急車 水道救急車
おすすめ業者
くらしの水漏れドクター くらしの水漏れドクター
おすすめ業者
クラシアン クラシアン