スマホ用メニュー
おすすめ水道業者・厳選5社をピックアップ!迷ったらまずはココから!

トイレの床から水漏れした時の修理方法

トイレの床から水漏れする場合、いくつかの原因が考えられるキュー。

まずは応急処置をしてから水が漏れている個所を確認してから対処することが大切だキュー。

トイレのトラブル応急処置

簡単に直せる場合と、専門の業者に修理を依頼する必要がある場合があるキューよ。

便器と配管との接続部分に不具合がある

便器と配管との接続部分から水漏れしている場合は以下の原因が考えられるキュー。

  • 接続部分のボルトが緩んでいる
  • パッキンが劣化して接続部分を密着させる役目を果たせなくなっている

止水栓を閉じてからパッキンが劣化している場合にはパッキンを、ボルトが劣化している場合にはボルトを交換すると良いキュー。

給水パイプが破損している場合

止水栓とトイレタンクを繋ぐ給水パイプが破損していた時は、給水パイプを交換する必要があるキュー。

次の手順で交換するキュー。

  1. 止水栓を閉じてから古い給水パイプを外す
  2. 接続部にパッキンを挟む
  3. 新しい給水パイプを接続する
  4. レンチでナットを締める

接続が完了したらマイナスドライバーを使って止水栓を開けてレバーを引いて水を流し、水漏れが無いか確認してみるキュー。

フランジパテが劣化している場合

排水管と便器の接続部分にはフランジパテというものが使われているキュー。フランジパテが劣化してしまうと、硬くなって、ひびが入って水漏れしてしまうんだキュー。フランジパテを新しくしてあげると良いキュー。

  1. 水道の元栓を閉じる
  2. タンク内の水と便器の水溜りの水を排水する
  3. タンクの横についている給水管と便器の下にあるフランジ固定ボルトとビスを取り外す
  4. 便器とタンクを持ちあげる
  5. 古いフランジパテを取り外す
  6. 新しいフランジパテを取り付ける
  7. 便器をのせてフランジボルトに固定する
  8. ビスを取り付けてタンクと給水管を繋ぐ
  9. 水道の元栓を開ける
  10. 水を流してみて水漏れが無いか確認する

上記の事を試してみて水漏れが無ければ作業完了だキュー。

自分で出来る作業

給水管のパッキンの交換程度は一般家庭でも全然出来るキュー。

給水管やフランジパテの交換は作業の途中で手に負えなくなったり、さらに水漏れをひどくしたりする恐れがあるキュー。専門の業者に相談してみる方がオススメだキュー。

失敗しない!業者探しの秘訣!

  1. 最低条件!
    指定水道工事店
    を選ぼう!
  2. 電話応対・
    対応スピードを
    しっかり見よう!
  3. 必ず事前見積
    をとろう!
  4. 安すぎる見積に
    注意しよう!
  5. 料金説明の明瞭な
    業者を選ぼう!
  6. 実績、会社の規模感
    をしっかり調べよう!
おすすめ業者
水道救急車 水道救急車
おすすめ業者
くらしの水漏れドクター くらしの水漏れドクター
おすすめ業者
クラシアン クラシアン