スマホ用メニュー
おすすめ水道業者・厳選5社をピックアップ!迷ったらまずはココから!

ディスポーザー設置前に検討すること

戸建てでディスポーザーを取り付けるのは、自治体に設置許可を取得しなければならなかったり取り付けるまでが大変ですが取り付けるのは可能だキュー。

最近の分譲マンションには、ディスポーザーが備え付けられているところもあるキュー。

生ごみが粉骨できるディスポーザーは、キッチンを清潔に保てるのでコバエ発生やヌメリ、カビの発生を抑えることができたり、ゴミの排出量が平均して53%程度削減できたというメリットが多いキュー。

ディスポーザーとは?

キッチンで出た生ゴミを水と一緒に流し粉砕させ、下水道に流して処理できる機械だキュー。

台所のシンクの下に設置し、ボタンを押してスタートさせるタイプとペダルを押すタイプとあります。

安全性を考慮し使用する際に蓋を閉じないとスイッチが入らないようになっているフタスイッチ式もあるキュー。

ディスポーザー取り付けを検討し始めたら確認すること

1.自分の住まいの自治体がどのタイプのディスポーザーが設置できるか調べる

東京23区内を例に取ると、東京都下水道条例施行規程により排水処理装置のない単体ディスポーザーの設置は禁止されています。

ディスポーザ排水処理システムのディスポーザの設置のみ可能だキュー。

2.キッチンの設置スペースを確認する

ディスポーザー設置する前に、シンク下の容積を測ります。メーカーにもよりますが収納棚の内側の高さが平均して27cm以上必要だキュー。

収納棚の扉が観音扉であれば問題ありませんが、引き戸収納はディスポーザー設置が難しいためリフォームが必要だキュー。

シンクの排水口は円形で日本標準サイズ直径18cmまたは欧米標準サイズ11.5㎝なら設置できるキュー。

3.ディスポーザー設置の届け出をする

ディスポーザーを設置する際は、ディスポーザ排水処理システムの維持管理等に関する計画書と維持管理業務委託契約書の写しを自治体に提出する必要があるキュー

一般的には、マンションの建設者が届出を行って引っ越しが終わって、居住し始めたら居住者または管理組合から届出が必要になるキュー。

戸建ての場合は、維持管理会社と戸建ての所有者と一緒に届け出を提出するキュー。

4.ディスポーザー排水処理システムの維持管理を理解する

ディスポーザーを設置したらディスポーザー排水処理システムの維持管理を理解する必要があるキュー。

マンションなら管理組合と維持管理管理会社が戸建てなら維持管理感謝と戸建ての所有者が契約を締結し、説明を受ける義務があるキュー。

年に1回の以上の維持管理点検も義務付けられているキュー。

実際にディスポーザーを取り付けることが決定したらプロの水道業者に依頼することをおすすめするキュー。

失敗しない!業者探しの秘訣!

  1. 最低条件!
    指定水道工事店
    を選ぼう!
  2. 電話応対・
    対応スピードを
    しっかり見よう!
  3. 必ず事前見積
    をとろう!
  4. 安すぎる見積に
    注意しよう!
  5. 料金説明の明瞭な
    業者を選ぼう!
  6. 実績、会社の規模感
    をしっかり調べよう!