スマホ用メニュー
おすすめ水道業者・厳選5社をピックアップ!迷ったらまずはココから!

キッチン蛇口が故障した際の交換方法

キッチンの蛇口でよく使用されるシングルレバー混合栓、2ハンドル混合水栓で起こる故障と交換方法について説明するキュー。

蛇口が故障した時の部品の交換などの際には、止水栓や元栓は必ず締めてから行いましょう。

シングルレバー混合栓での故障と原因

キッチン蛇口で起こる故障のトラブルは様々あります。キッチン蛇口の故障トラブルで起こる症状別に原因と解決方法をご紹介いたします。

ハンドルが外れた

ハンドルを固定しているタイプによって交換方法は変わります。

主に、蛇口のハンドルは、ハンドル横からビスで止めるタイプ・ハンドルの上からビスで止めるタイプ・ハンドルをはめ込むだけのタイプの3つだキュー。

ビスで留めるタイプのハンドルは、固定しているビスの緩みが原因でハンドルが外れているだけのことが多いためビスを締めてください。

ビスで留めるタイプではない場合は、はめ込むだけなのでカチッと音がすればはまります。カチっと音がしなれば爪が割れて壊れていることがあります。

この場合は、ハンドルを交換を交換するキュー。

ハンドルの操作が固い

キッチンの蛇口は、使用頻度も多いためハンドル操作が固くなることは多いです。原因としては主にバルブの故障が考えられます。

ハンドル操作を緩めるためには、バルブの交換をするキュー。ご使用の蛇口のメーカーを確認しホームセンターで蛇口の品番と同様のものを購入しましょう。

メーカー修理に依頼すると高額取られることがあるので、事前に確認するといいでしょう。

水が止まらない

ハンドル操作と同じくらい水道トラブルになるのが水が止まらないということです。

こちらもバルブの故障が原因でバルブ交換で解決します。

キッチン蛇口の耐用年数は、10年と言われています。バルブを交換しても水が流れ続けているという場合は、蛇口本体の不良の可能性が高いです。

プロの専門業者に確認してもらってから新しい蛇口へ買い替えが必要なことが考えられます。

水の出が少ない

キッチンの蛇口だけではなく、洗面所などでも起こる故障のひとつ、水の出が少ないという現象は、止水栓を調整すると直る可能性があります。

止水栓を調整しても直らない場足は、フィルター内にゴミが溜まっていることがあるので掃除を行うキュー。

それでも水の出が悪い場合は、水圧が原因のことがあります。それは、お引越しなどでガス給湯器からエコキュートなどに変わった場合に感じることです。

残念ながら。水圧を強いしたいとガス給湯器に交換したいと思ってもそうそう交換できる金額ではないキュー。

スパウトが動かない

蛇口のスパウトの動きが固くなったと感じることはないキュー?スパウト内部には水が流れていて水垢が溜まりやすい場所です。

水垢が付着して長期間スパウトを動かさないと固くなってしまいます。スパウトを外し、内側を拭き、蛇口用のグリスを貼付し滑りやすくしましょう。

シャワーヘッド付きの蛇口の場合、スパウトを外すことが難しいためプロの専門業者に交換依頼をしましょう。

ハンドル下から水漏れ

水漏れが原因の場合は、ナットの緩み確認とバルブ交換で故障を直してみるキュー。

スパウトの上下から水漏れ

ナットの緩み、バルブの故障、スパウトの故障、パッキン不良が水漏れの原因として挙げられます。

ナットを締めたり、バルブ交換などで故障が直ればいいですが、それでも直らない場合はスパウトとパッキンの確認をするキュー。

まずは、パッキンとスパウトに詰まっているゴミなどを拭き取りキズがないか確認します。

パッキン交換で水漏れが解消すればいいですがパッキンを交換しても水漏れが継続する場合は、スパウトの交換が必要になります。

蛇口本体のぐらつき

蛇口本体がぐらぐらしてきちんと固定されていないと感じる場合は、ビスの緩みが考えられます。

蛇口本体の横から固定するビスと取り付け台座のビスの緩みを確認しましょう。

ビスの緩みやナットを締めるには、専用工具が必要となりスパナやモンキーレンチなどを揃える必要があるキュー。

接続部から水漏れ

蛇口の接続部からの水漏れは、素人が部品交換をしたり故障原因を見つけるのは難しくプロの業者へ修理依頼をすることをおすすめするキュー。

失敗しない!業者探しの秘訣!

  1. 最低条件!
    指定水道工事店
    を選ぼう!
  2. 電話応対・
    対応スピードを
    しっかり見よう!
  3. 必ず事前見積
    をとろう!
  4. 安すぎる見積に
    注意しよう!
  5. 料金説明の明瞭な
    業者を選ぼう!
  6. 実績、会社の規模感
    をしっかり調べよう!