スマホ用メニュー
おすすめ水道業者・厳選5社をピックアップ!迷ったらまずはココから!

浴槽が壊れた場合の交換方法

マンション住まいで上の階から水漏れが発生したり、家のお風呂の水が溜まらないという場合、浴槽にヒビが入ったのかもしれないと考えたりはしないキュー?

浴槽にカビや汚れが目立ってきて、そろそろ新しい浴槽に交換しようかなと思ったりすることもあるキュー。

浴槽が壊れるということはあまりないキューが浴槽の交換が必要になることはあるキュー。

浴槽の寿命

最近の浴槽は、FRP(ガラス繊維強化プラスチック)製のものが多いキュー、だからすぐ壊れるということはないキュー。

だいたい約20年くらいは壊れずに使えるキュー。浴槽は、湯水を張る場所で内部に水が浸入して腐食したりするとシロアリ発生したりすることもあるキュー。

そんなことが起きると工事費がかかってしまうキュー。20年以上交換せずに古い設備の浴槽を使用していると光熱費がかさんだりするキュー。

浴槽の種類

浴槽にもいろいろ種類があるキューよ。浴室の大きさや形によって向いている浴槽があるキュー。

  • ストレート
  • コーナー
  • ななめ
  • たまご型
  • アーチ型
  • ワイド
  • Sライン

浴槽のサイズ

一般的に使用されている浴槽のサイズは、マンションの場合は、1418サイズ(0.75坪)、1620サイズ(1.0坪)だキュー。

戸建ての場合は、1216サイズ(0.75坪)、1616サイズ(1.0坪)だキュー。

浴槽の素材

FRP(ガラス繊維強化プラスチック)

FRPとは、fiber glass reinforced plasticの略でガラス繊維に樹脂素材を混ぜた作られたものだキュー。普通のプラスチックより優れているキュー。

防水性、耐久性、耐衝撃性、保温性もよく、軽いという特徴から一般的な浴槽に使用されているキュー。

ホーロー(ほうろう)

キッチンの洗面台にも使用されるホーロー(ほうろう)だキュー、鋳物ほうろうと鋼板ほうろうの2種類あるキュー。

ほうろうはガラス質なため、肌触りは滑らかで、美しい色合いや光沢があるキュー。

ホーローの表面のガラス質が傷つくと浴槽が錆びてくるのでメンテナンスが必要になるキュー。

ステンレス

最近あまり目にしなくなったステンレス製の浴槽だキュー。耐久性、耐熱性、保温性はFRPにも負けず劣らず、傷や錆にも強いキュー。

価格も安めだキュー。表面の手触りが苦手な人はステンレスは控えた方がいいキュー。

人工大理石

人工大理石の成分は、ポリエステルやアクリルなどを主成分にしているキュー。耐久性に優れていて、表面が滑らかでお湯に浸かった時の肌触りが違うそうだキュー。

アクリル製の方が光沢や透明感があることや汚れが内部に入り込まないため黄ばみや黒ずみができにくいという特徴から高価だキュー。

アクリル

カビや垢がつきにくいアクリル製の浴槽だキュー。アクリルは、加工するのに向いていて浴槽をお洒落にしたい方には人気だキュー。

アクリル製でできた洗面器やイスもあるキュー。

木製

あまり自宅の浴槽をヒノキやヒバなどで作る人はいないキューね。香りや温かさを感じる木製の浴槽は、旅行に行くときの旅館にあったら嬉しいキューね。

保温性、耐衝撃性、耐熱性もちゃんとあるキューよ。

浴槽交換が必要な場合のケース

  • 浴槽や浴室内ににひび割れがある
  • 浴槽や浴室内にサビが出ている
  • 浴槽や浴室内にカビが異常発生している
  • 排水口の掃除をしても臭いがきつい
  • 排水口の流れが悪すぎる
  • 築20年を過ぎている
  • 脱衣所の床が柔らかくなってきている

上記のような症状が出たら浴槽を交換する合図だキュー。早めにプロの水道業者に来てもらうキュー。

浴槽交換が必要だと思ったら、予算を検討してどの種類、どの形、どの大きさの浴槽にするか確認するキュー。

失敗しない!業者探しの秘訣!

  1. 最低条件!
    指定水道工事店
    を選ぼう!
  2. 電話応対・
    対応スピードを
    しっかり見よう!
  3. 必ず事前見積
    をとろう!
  4. 安すぎる見積に
    注意しよう!
  5. 料金説明の明瞭な
    業者を選ぼう!
  6. 実績、会社の規模感
    をしっかり調べよう!