スマホ用メニュー
おすすめ水道業者・厳選5社をピックアップ!迷ったらまずはココから!

浴室と脱衣所の温度差をなくしヒートショックに備える

 

冬の間、浴室で起こる最も多い事故はヒートショックだキュー。

ヒートショックで体調を悪くさせないための方法をお伝えするキュー

ヒートショックが起こるメカニズム

ヒートショックが起こる原因を究明して、ヒートショックが起こるのを抑えるキュー。

入浴前

暖かい部屋から寒い脱衣所と浴室へ移動

暖房などが効いている部屋から寒い浴室に移動すると血圧が収縮し血圧が上昇します。

入浴中

熱い湯船に入る

寒い浴室で血圧が上昇していたところに、熱いお湯につかることで血管が拡張し血圧は下降します。

入浴後

寒い脱衣所へ移動

温まった身体で寒い脱衣所へ移動すると血管が収縮して血圧が上昇します。

入浴約30分間の間に、短時間で血圧が変化することでご高齢者の方や血圧の高い人にとって心筋梗塞、脳梗塞を引き起こし死亡してしまうという流れがヒートショックです。

夏と冬の浴室・脱衣所と入浴時の温度差

浴室・脱衣所の温度平均25度

入浴時のお湯の温度平均38度

浴室・脱衣所の温度平均10度

入浴時のお湯の温度平均42度

消費者庁では、冬の時期のお湯の温度設定は41度以下を推奨しています。

このように、夏の時期の温度差は、13度、冬の時期の温度差は32度ととても大きな温度差が生じるキュー。

この温度差を小さくすることによりヒートショックは抑えることができるキュー。

浴室暖房機を使って浴室の温度を上げる

浴室で湯船につかる習慣がある国は、日本のお隣の国、韓国やヨーロッパであればドイツやイタリアが挙げれらます。

韓国の冬は日本より寒いキュー。

さらにヨーロッパのドイツやイタリアも日本より寒いです。そして、浴室に暖房器具が設置されているキュー。

今でこそ日本でも浴室に浴室暖房機を設置する家庭が増えてきていますが、東京ガス都市生活研究所の調査結果によると

日本は20%とかなり普及率が低かったです。

そのため、他国より日本でヒートショックで死亡する人が多いという理由です。

2011年グラフ出典:「浴室に暖房設備がありますか?」東京ガス都市生活研究所調べドイツ、イタリア、韓国1992年 日本は、一都三県

 

浴室暖房機以外で浴室の温度を上げる方法

浴室暖房機が設置されていない家庭では、入浴前に高い位置からシャワーを流し浴室の温度を上げましょう。

湿度が高くなるため浴室の温度は上がるキュー。

脱衣所の温度も上げる

脱衣所を温かくすることでヒートショックを妨げられるキュー。脱衣所を電化製品を使用し温度を上げておきましょう。

  • オイルヒーター
  • 遠赤外線ヒーター(電気ストーブ)
  • ファンヒーター

電化製品それぞれ特徴がありますが、意外と濡れた身体に風が当たると寒さを感じるので風が出ないもので室内の温度が上がるものがおすすめです。

失敗しない!業者探しの秘訣!

  1. 最低条件!
    指定水道工事店
    を選ぼう!
  2. 電話応対・
    対応スピードを
    しっかり見よう!
  3. 必ず事前見積
    をとろう!
  4. 安すぎる見積に
    注意しよう!
  5. 料金説明の明瞭な
    業者を選ぼう!
  6. 実績、会社の規模感
    をしっかり調べよう!