スマホ用メニュー
おすすめ水道業者・厳選5社をピックアップ!迷ったらまずはココから!

お風呂の残り湯を使った洗濯機のやり方

お風呂の残り湯を使って洗濯をしてみようと思ったら何から始めるか分かるキュー?

残り湯洗濯のやり方

残り湯洗濯のやり方は洗濯機の種類やメーカーによって異なるキュー。

家にある洗濯機に残り湯洗濯コースがあるかを確認してください。

以下のようなボタンや表記があるキュー。

  • お湯取りや風呂水というボタン
  • バスポンプ内臓という表記

残り湯洗濯のコースがある洗濯機の場合

洗濯機に付随しているホースを使用するキュー。

  1. 残り湯汲み上げホースを差込口に入れる
  2. 洗濯物を入れる
  3. 残り湯コースを選択する
  4. 洗剤を投入する
  5. スタートボタンを押す

残り湯コースには、洗いのみとすすぎまでと選択可能の洗濯機もあるようですが残り湯洗濯をするなら、洗いのみをおすすめします。

残り湯洗濯のコースがない洗濯機の場合

  1. 洗濯物を入れる
  2. お風呂の残り湯をバケツ等で洗濯機に入れる
  3. 洗剤を投入する
  4. スタートボタンを押す

残り湯の量が分からない時は、洗濯物が浸るぐらいいれておくキュー。

水量が足りない時は、自動的に洗濯機のセンサーが働き水道水を足してくれます。

残り湯にお湯を使用するなら必ず洗濯表示を確認する

洗濯するときは、衣類に書かれている洗濯表示を確認するキュー。

特に新しい衣類は、間違った洗濯の仕方をしないように気をつけるキュー。

残り湯は45度以下を使用

残り湯と言っても45度以上のお湯は使用しないでください。

お湯を使うと汚れ落ちは良くなるキューが、ウール、絹などの天然繊維は繊維がより膨潤しやすくなってしまい、洗濯物が乾いたあと、縮みが大きくなってしまうキュー。

入浴剤の入った残り湯は色素で洗濯物が染まる

入浴剤の入った風呂の残り湯は、入浴剤の色素で洗濯物が染まる恐れがあるキュー。

残り湯で洗濯洗剤を使って洗った後、清水でよく洗濯物をすすぎます。柔軟仕上げ剤を使用する時は洗濯物が染着する場合があるので残り湯を使用するのは避けるキュー。

新しい衣類は残り湯で洗濯しない

新しい衣類はあらかじめ柔軟仕上げがされていることがあるため色素が洗濯物にうつってしまうことがあるので清水を使用しましょう。

洗剤の取扱説明書を熟読する

一般的な衣料用の洗剤は、汚れが衣類に付着するのを防ぐ再汚染防止の成分が入っているので残り湯を使用しても問題ないキュー。

しかし、お湯の汚れがひどいと洗浄力が低下することがあります。

洗剤によっては、温度の指定もあるので残り湯を使用できないこともあるキュー。

失敗しない!業者探しの秘訣!

  1. 最低条件!
    指定水道工事店
    を選ぼう!
  2. 電話応対・
    対応スピードを
    しっかり見よう!
  3. 必ず事前見積
    をとろう!
  4. 安すぎる見積に
    注意しよう!
  5. 料金説明の明瞭な
    業者を選ぼう!
  6. 実績、会社の規模感
    をしっかり調べよう!