スマホ用メニュー
おすすめ水道業者・厳選5社をピックアップ!迷ったらまずはココから!

湯船にお湯が溜まらない、すぐに湯船に漬かりたい時の応急処置


夏場に湯船に入らずシャワーだけで済ませることはできるキューがさむ~い冬は、ゆっくり湯船に浸かりたいキューねー。

お湯が溜まらない時の大体の原因は、排水栓のゴムパッキンの劣化であったり、ごみが溜まっていたりと掃除が必要であるキュー。

掃除ならすぐできるキューが、ゴムパッキンや排水栓の交換、それ以外の原因でお湯が溜められないっというときは、お湯に浸かるのを諦めるキューか?

絶対湯船に入りたいという時に使える応急処置を試してみるキュー。

湯船に入りたいときに使える応急処置

ビニール袋で応急処置

お湯をはる前に行うキュー。スーパーのレジ袋でもポリ袋でもいいキューが、排水栓の上に置いておくと水圧でビニール袋が挟まれるキュー。それでお湯が溜まるキュー。長時間は持たないかもしれないキューから早めに湯船に浸かるキューよ。

サランラップで応急処置

ゴム栓の劣化で排水溝に隙間があってお湯がはれない時に試してキュー。ゴム栓にラップを巻きつけてから排水溝に押し込むキュー。隙間が埋まってお湯が溜まるキュー。
ラップを巻きつけたあとセロハンテープで貼ってから行うと強度があがるキュー。

赤ちゃんのお風呂シートで応急処置

赤ちゃんやお子さまがいるご家庭での応急処置だキュー。赤ちゃんが沐浴をする時や赤ちゃんが少し大きくなって湯船に浸かれるようになったときに使うお風呂シートがあるキュー。それを故障している排水栓を締めたあと、シートを置いてからお湯をはるキューよ。厚みのあるシートじゃないキュー。薄めのシートだとお湯がちゃんとはれるキューよ。

ペットボトルを使って応急処置

よくお風呂の節約方法などで紹介されるペットボトルを使用した応急処置だキュー。1.5リットルか2リットルのペットボトルにお水を入れるキュー。5、6本用意すれば安心だキュー。排水栓の上に並べるキュー。重さで排水栓が締まってお湯が流れていくことはないキュー。水道料金も節約できておすすめキューよ。

重みが出るもので水に濡れても大丈夫なものであればペットボトルでなくでも大丈夫キュー。

失敗しない!業者探しの秘訣!

  1. 最低条件!
    指定水道工事店
    を選ぼう!
  2. 電話応対・
    対応スピードを
    しっかり見よう!
  3. 必ず事前見積
    をとろう!
  4. 安すぎる見積に
    注意しよう!
  5. 料金説明の明瞭な
    業者を選ぼう!
  6. 実績、会社の規模感
    をしっかり調べよう!
おすすめ業者
水道救急車 水道救急車
おすすめ業者
くらしの水漏れドクター くらしの水漏れドクター
おすすめ業者
クラシアン クラシアン
タグ