たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > トイレ交換 > トイレの部品交換をする場合は?

トイレの部品交換をする場合は?

トイレに関する水のトラブルでは、自分で原因を確かめることも可能です。トイレの部品の交換等で修理ができる場合もあります。修理屋に電話をするのは、その後でも遅くはありません。自分で修理ができると場合によっては、数百円程度で直るケースもあります。またはじめから交換等の依頼をする場合には、メーカーに問合せをすることをすすめます。トイレのなかの仕組みではフロートバルブ、フロート弁というトイレタンク内部の部分があります。

 

このフロート弁は水を流す際にふたが開き、ある程度水が流れると自動的にこれが閉じる仕組みになっています。この他にはボールタップといわれる部分がありこれは、適当な水位になると水を止める部品になります。またボールタップ弁は、水を止めるために重要な部品になります。この他の部品としては、浮球があり、この浮力を利用しててこの原理で水を止めることになります。この他にオーバーフロー管があり水があふれない様にするための管があります。

 

水漏れにはいろいろなケースがあるので、この原因を突き止める方法を知ってから交換する事をおすすめします。水が少しずつ出ている場合はタンクの蓋を開けて、中を確認することが必要です。中のオーバーフロー管を確認して基準の水位線を越えているかどうかを確認します。基準の水位を超えてあふれている場合には、ボールタップの交換が必要になります。また水位が基準水位よりも下に位置しているような場合には、フロート弁の交換をすることが必要であり、メーカーと品番を調べる必要があります。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ