たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > トイレ交換 > 手際良く行うためのウォッシュレットの交換方法

手際良く行うためのウォッシュレットの交換方法

ウォッシュレットを始めとする洗浄機能付きの暖房便座は、メーカーの技術によって、購入者は自身で取り付け作業を簡単に行えるようになっています。ウォッシュレットの場合では、本体の他に取り付けに必要な金具や部品、基本的な工具までがセットになっているので、説明書を見ながら取り付け作業を比較的簡単に行うことが可能です。最初に確認すべきことは、電源を取得するためのコンセントがトイレ内に設置されているか、確認しなければなりません。

次に便器のサイズと形状の確認です。現在では殆どの便器に対応していますが、一部取り付けの出来ない形状のものが存在しています。取り付け作業を行う前には、必ず水道の元栓と止水栓を閉めておきます。最初に取り付けを行うのは、止水栓に分岐金具を取り付ける作業です。ウォッシュレットの場合では付属の工具で作業を行うことができます。次に古い便座を交換する作業が必要です。交換には便器裏側の両側にあるナットを外すことで作業を進めることができます。

古い便座を外した後には、付属品のベースプレートを取り付けます。ここで肝心なことは、ベースプレートの位置調整です。これは便器に合わせての調整となります。次にウォッシュレットの本体をベースプレートに接続し、交換作業を終えることができます。最後に付属品の給水ホースを本体に接続し、反対側を止水栓側に接続します。ここまでの作業で取り付けは完了となります。使用するには、元栓を止水栓を開け、電源プラグをコンセントに差し込むと使用することができます。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ