たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > トイレ交換 > 和式トイレから洋式トイレへの交換

和式トイレから洋式トイレへの交換

今の世の中、新しく建てられる建物のトイレはほとんどが洋式トイレだ。日本の欧米化がより進んできた証左でもあるが、もっと簡潔に言うならば和式よりも洋式の方が使用するときに楽であるのが大きいだろう。腰を浮かせなければならないのと腰を落ち着けて用を足せるのではどう考えても後者の方が楽なのは間違いない。そのために、今の子供たちの間では和式トイレを使ったことがないという子供たちも増えてきているという。古い建物でもない限り和式を設置している店は年々少なくなってきているのである。

ここでその減少しつつある和式トイレが設置されている建築物の中に学校が含まれていることが今ちょっとした問題となっている。今の子供たちは学校で個室を利用しないのだ。我々も学生時代、特に小学校自体はあまり大っぴらに個室を利用出来なかったものである。その理由は周りに冷やかされるなどが理由であったが、それでも個室を利用することは間々あった。だが、今の子供たちは限界まで我慢するという。何故かと言うと、前述の様に今の子供たちは和式に接する機会があまりないために学校に入学して初めて和式を目にすることとなる。我々の世代には到底信じられないことだが、彼らは和式の使い方が分からないのだ。

そのため親御さんたちからは洋式トイレへの交換を望む声があがっているのだが、果たして安易に交換してしまって良いのだろうかと私は思う。私とてトイレを使うならば洋式の方がありがたい。だが、時には和式を使うことももちろんある。そしていかに世の中に洋式が増えているといっても、和式が全て消えたわけではないのだ。子供のうちに和式トイレの使い方を覚えなければ後で困るのは当人たちだ。若いうちの苦労は買ってでもしろという。いささか大げさな気もするが、学校側は下手にトイレの交換をせずに子供たちのために和式に触れさせる場を残しておくべきであろう。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ