たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > トイレ > どんなトイレの詰まりですか?

どんなトイレの詰まりですか?

普段はまったく想像することもありませんが、突然、トイレの詰まりは起こります。時間に余裕があるならまだしも、家族中が一番必要としているときに得てしておこるものです。まずは、トイレの詰まりの原因をざっと考えてみましょう。単にトーレットペーパー等の詰まりなのか、幼児などがいて何かブロックのような固形のもの流してしまったのか、いずれでしょうか。後者であれば、自分たちで取り除くことは困難ですので、迷わず業者に任せましょう。

前者であれば、トイレットペーパーを大量に流しすぎて、紙が固形物になって配水管を塞いでいると思われますので、紙を小さくしたり溶かしたりすることができれば、自分たちで直すことも可能です。まず、固くなった紙類を溶かすためにバケツで勢いよく便器にお湯を流してみましょう。最初は、お湯がなかなか流れず、水がひいていくのに時間がかかるかもしれません。何度か続けていくうちにポコッと音がすれば、空気が入った証拠です。少し紙が柔らかくなったり解けてきたというわけです。あとは、曲がった棒でつつけば紙はどんどんほぐれていきます。

自分で直す場合は、多少根気が要ります。一方、業者は早ければ30分ほどで駆けつけてくれますが、まずは様子をみて見積もりとなります。簡単に詰まりが解消できないケースは、便器を一旦とりはずすことになります。費用も2万から3万円はかかるはずです。CMなどの宣伝でながれている修理代金は、簡単に詰まりが直った場合のものであって、実際はそれでは直らないケースが多いのです。ともかく、日頃からできるトイレの詰まり対策として、流水の量を節約しすぎないことやトイレ掃除用の紙クリーナーはできるだけ流さないことが挙げられます。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ