たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > トイレ > トイレの流れる仕組みは?

トイレの流れる仕組みは?

現代の便器の多くの構造は、サイホン式と呼ばれる構造をとっている。サイホンとは、液体を一度高いところに上げて低いところに落ちる現象で、負圧と呼ばれる吸い込む力を利用することで、より少量の水で汚物を排出することができる。そのため、便器の内部は一度上に上がった後下に下がったようなアルファベットのSを横にしたような構造をしている。そのため、汚物を流すときの水が少なかったり、流すときに紙を多く使いすぎた場合にトイレのつまりが発生してしまう。

 

トイレのつまりを解消するために、一般的にはラバーカップと呼ばれる棒の先端にゴムのキャップがついた物を使用する。ラバーカップの使用方法は、先端のゴムの部分を便鉢内にいれ上下にゆすることで、溜まった水に圧力をかけて詰まった部分を押すことにより下水へと流しきることで、トイレのつまりを解消することができる。ラバーカップは一般的にホームセンターなどで購入することができるため、一家にひとつ用意しておくと、万一の時にも安心である。

 

しかし、万一に備えてラバーカップを購入し自宅に常備している人は、それほど多くは無い。トイレのつまりが発生したときに対処方法が分からない場合は、水工店業者を呼んだりトイレのメンテナンスサービスを依頼することになるのだが、出張費などを含めて数千円の費用がかかってしまう。そこで、ラバーカップと同様の効果を再現すればトイレのつまりを解消できるので、棒の先端にタオルを巻いて、便鉢の奥の穴に挿したり抜いたりを繰り返すことで、つまりを解消することができる。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ