たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > トイレ > トイレのつまりの対処法

トイレのつまりの対処法

トイレのつまりは大量にトイレットペーパーを流した時などに起こってしまいます。そういう時にはしばらくそのままの状態でおいておいて、1時間程度様子を見てください。トイレットペーパーが水に溶けて詰まりが改善され、再び流れるようになる場合があります。ただし、便器の中の水が無くなったからといって安心してタンクの水を流したりはせず、まずはバケツに水を汲んだものを少しずつ流してみて、本当にトイレットペーパーがしっかりと溶けているのかを確認した方が良いでしょう。

トイレのつまりは突然起こるものばかりではありません。水を流した時に、もし便器の中に水が溜まりすぎて水位が上昇し、それから少しずつ流れて通常の水位に戻るようなことが起きたなら、それはつまりかけている可能性があります。そういう時は市販されているトイレ用の吸引カップを使うことによって、自分の手でつまった状態を回復させられるかもしれません。なお、吸引カップを購入する際にはトイレ用の物を選ぶようにしてください。一般的に知られている物とは形状が少し違い、トイレの排水部分の穴にカップの先が入り込みやすくなっているため吸引力が強く、周囲に汚水が飛び散ることも防げます

吸引カップを使うのにはコツがあります。押すのも引くのも同じように勢いをつけて動かすのではなく、押す時はゆっくりと、引き上げる時には勢いよく力を入れて一気に引くようにするのです。もし便器に水がある程度溜まっているようならそのまま使いますが、水が無いようなら、カップが浸かる程度の水をバケツなどで足してください。そうすることによって排水部分の水が吸引され、つまった部分がずれて解消されるのです。もし周囲に汚水が飛び散ることが心配な場合は、透明なナイロンの袋にカップの柄を通せるくらいの作業用の穴を開けて便器に被せ、それで作業をすることで周囲の汚れを防げます。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ