たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > トイレ > カンタンにできる水道の修理方法

カンタンにできる水道の修理方法

一言で水道の修理と言っても修理が簡単かどうかはケースバイケースですが、蛇口からの水漏れは簡単に直せます。修理の方法はまず元栓を閉めて、蛇口の上部をスパナなどで緩めて外します。上部にコマという部品があるので引き抜き、新しいコマを差し込みます。蛇口の上部をはめ込んで、スパナで締め付けて完了です。配管がが詰まっている場合の修理はパイプクリーナーというものが市販されていますので、それを使います。先端に螺旋状のワイヤーがついていて、配水管に差し込んで詰まった汚物を取り除きます。

トイレの水が止まらない場合は、パッキンが寿命の場合が多いので、タンクの蓋を外して見てみると分かります。交換するときは止水栓を閉じてからタンクの中にある鎖を引いて水を抜いてから作業します。反対に水が流れない場合は、タンクに水が入っている場合は鎖が外れているのが原因のほとんどです。また、水がない場合は、ウキ球が引っかかっていたりアームが曲がっていることが多く、いったん外してから正しく取り付けなおすことで直ります。

洗面所で配管が詰まっている場合は、配管をパイプクリーナーで清掃するのが効果的ですが、直らない場合はマンホール内で流れが悪くなっている場合があります。水道の水を出してみて観察すれば分かりますので、マンホールを開けて修理する必要があります。また、壁から水が染み出ている場合は、壁の中で配管から水漏れしているので、簡単に直すことはできません。水道屋さんに連絡して来てもらい、早急に修理してもらう必要があります。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ