たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > トイレ > 携帯電話をトイレに流してしまったら

携帯電話をトイレに流してしまったら

Dollarphotoclub_88690243
携帯電話はスマホをトイレにとしてしまったら、すぐに拾い上げることがトイレを詰まらせない為の一番の解決方法ですが、うっかり流してしまった場合には、便器を外して取り出さなければなりません。

 

 

ほとんどの場合流してしまった携帯電話はトイレのトラップ構造に引っかかっています

 

トイレに便器内には、下水からの臭気を防ぐ為、便器内に汚れが付着するのを防ぐ為に、常に水が溜められていますが、この構造のことをトラップ構造といいます。

そして、トイレに流してしまった携帯電話は、ほとんどの場合、便器の水溜りの奥にひっかかっています。

その為、落とした直後には水が流せても、その後使用した人のトイレットペーパーが水溜まりの奥に引っかかっている携帯電話にかぶさり、トイレのつまりが発生してしまいます。

引っかかっている携帯電話を排水路まで流そうと思って、水を何度も流しても、排水路まで流れていくことはほとんどありませんし、排水路まで流れていってどこで詰まってしまうと、事態はさらに悪化してしまいます。

従って、携帯電話を流してしまったら、その後にさらに水を流すのは避けましょう。

次に、携帯電話を吸い上げて引き寄せる為にラバーカップを使おうとする人もいますが、ラバーカップを使用すると、カーブの部分に引っかかって、取り外しにくくなってしまうので、やめましょう。

 

 

流してしまった携帯電話取り出すためには、水道の元栓を閉め便器のボルトを外す必要があります

 

トラップに引っかかっている携帯電話取り出すためには、便器を外して取り出すのですが、それにはまず、水が漏れないように水道の元栓を止め、タンクの水を全て排水しなくてはなりません。

さらに、便器のボルトを外し、便器ごと取り外さなくてはならないので、大変な作業です。

ご家庭でやってみると、途中で手に負えなくなる恐れがありますし、例え便器が取り外せたとしても、元通りに完璧に復旧させないと、新たなトイレのトラブルの原因を作ることになってしまいます。

水を流したり、ラバーカップを使ったり、便器を取り外したりする前に専門の業者に修理を依頼しましょう。

 

 

携帯電話をトイレにうっかり流してしまった場合、携帯電話は便器内の水溜りの奥に引っかかっていることがほとんどです。

その場合には、便器を取り外して取り出さなくてはならないので、専門の業者に修理を依頼しましょう。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ