たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > トイレ > 便器とタンクからの水漏れ修理方法

便器とタンクからの水漏れ修理方法

Plumber repairing toilet. Plumbing and renovation banner.

便器とタンクから水漏れをしている場合、便器やタンクにヒビ割れが起きている為の水漏れ、結露による水漏れ、パテの劣化による水漏れが考えられます。

タオルを敷くなどの応急処置をして、便器やタンクにヒビ割れ、パテの劣化などが原因であった場合には、早急に専門の業者に修理の依頼をして交換してもらいましょう。

 

 

便器・タンクのヒビ割れによる水漏れは早めの交換が必要です

 

便器やタンクは陶器でできている為、非常に頑丈で普通に使用している場合にはひび割れをおこすことはありませんが、重い物を落としてしまったなどの理由でひび割れを起こしてしまい、トイレの水漏れが起きてしまっている場合には、交換する意外に修理の方法はありませんので、専門の業者に依頼して交換してもらいましょう。

便器とタンクのうち、どちらか片方だけが破損してしまった場合には、便器とタンクはセットになっているので、同じ型番の製品に交換してもらいましょう。

どちらも破損してしまった場合には、給水栓の位置など自宅のトイレの条件にあうタンクと便器に交換してもらいましょう。

 

 

便器・タンクのヒビ割れのパテでの応急処置も専門の業者に依頼しましょう

 

便器・タンクのヒビ割れがおきてしまった場合、応急処置として防水パテで防ぐという方法がありますが、ご家庭でするとひび割れをひどくしてしまう恐れがある為、交換の必要ない小さなひび割れであっても、専門の業者に修理を依頼し、診断してもらいましょう。

 

 

結露による便器とタンクからの水漏れ修理方法

 

梅雨時やトイレを暖房しているお宅では冬場にも、結露によって便器が濡れてしまうことがあり、この水分が床に伝わって、トイレの水漏れではないかと考えてしまうことがあります。

水洗便器の中の水溜りには、下水道からの臭気を遮断する為、便器に汚れが付着するのを防ぐ為に常に水が溜まっているのですが、この水の温度とトイレ内の室温の差で結露が発生してしまいます。

タンクや便器の故障ではないので、修理の必要はありませんが、そのままにしておくと床に水分が浸透して腐食の原因となってしまいますので、トイレの暖房をする場合は防露層のついた便器やタンクを使用する、こまめにふき取るなどの対処が必要です。

 

 

便器とタンクからの水漏れには、陶器がひび割れてしまった為におこる水漏れがあります。このような場合には専門の業者による交換が必要です。

小さなひび割れの場合、パテで応急処置をすることもできますが、その作業も専門の業者に依頼しましょう。

また、結露による水漏れの場合には故障ではないのですが、床を傷める恐れがあるので、トイレ内の換気をする、トイレを暖房する場合には、防露層のついた便器を使用する、こまめにふき取るなどの対処が必要です。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ