たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > トイレ > トイレ床からの水漏れ修理方法

トイレ床からの水漏れ修理方法

content

トイレの床に水漏れがある場合、いくつかの原因が考えられます。

床を濡らしている水が漏れている個所を確認してから対処することが大切です。

簡単に直せる場合と、専門の業者に修理を依頼する必要がある場合があります。

 

 

便器と配管との接続部分の不具合によるトイレ床からの水漏れ修理方法

 

便器と配管との接続部分から水漏れしている場合には、接続部分のボルトが緩んでいる、パッキンが劣化してパッキンが接続部分を密着させるという役目を果たさなくなっているというような原因が考えられます。

パッキンが劣化している場合にはパッキン、ボルトが劣化している場合にはボルトを、止水栓を閉じてから交換しましょう。

 

 

給水パイプの破損によるトイレ床からの水漏れ修理方法

 

止水栓とトイレタンクを繋ぐ給水パイプが破損してしまった場合には、給水パイプを交換して水漏れを解決します。

止水栓を閉じてから古い給水パイプを外し、接続部にパッキンを挟んで新しい給水パイプを接続し、レンチでナットを締めます。

接続が完了したらマイナスドライバーを使って止水栓を開け、レバーを引いて水を流し、水漏れが無いか確認しましょう。

 

 

フランジパテの劣化によるトイレ床からの水漏れ修理方法

 

トイレ床からの水漏れの原因には排水管と便器の接続部分に使われているフランジパテが劣化して硬くなり、ひびが入って水漏れを起こしているというものもあります。

このような場合には、フランジパテを新しくする必要があります。

水道の元栓を閉じてから、タンク内の水と便器の水溜りの水を排水してから作業を始めます。

タンクの横についている給水管と、便器の下にあるフランジ固定ボルトとビスを取り外して便器とタンクを持ちあげ、古いフランジパテを取り外し、新しいフランジパテを取り付けます。

フランジパテを取り付けた後に、便器をのせ、フランジボルトに固定し、ビスを取り付け、タンクと給水管を繋いだら、水道の元栓を開けて水を流してみて、水漏れが無いか確認して水漏れが無ければ作業は完了です。

給水管のパッキンの交換程度はご家庭ですることもできますが、給水管やフランジパテの交換は、作業の途中で手に負えなくなったり、さらに水漏れをひどくしたりする恐れがありますので、専門の業者に依頼して修理してもらいましょう。

 

 

トイレ床からの水漏れ修理方法は、接続部からの水漏れが原因の場合は、パッキンやボルトの交換、給水パイプの給水が原因の場合には給水パイプの交換、フランジパテが劣化している場合にはフランジパテの交換です。給水パイプやフランジパテの交換が必要な場合は、専門の業者に修理を依頼しましょう。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ