たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > その他 > 集合住宅の水漏れ事例ご紹介。

集合住宅の水漏れ事例ご紹介。

集合住宅においては、最上階でもない限り、一般的に雨水等の排水が滞ることによる水漏れ事故は滅多に起きないものである。しかしながらその分、上層の住人がふとした不手際で起こした水回りの事故が、直下階の部屋にそのまま水漏れ事故などの形で影響を及ぼすことが多いのだ。では、このような集合住宅における水漏れ事故の事例としては、どのようなものが挙げられるのだろうか。また、実際にそのような事例に対処するには、どのように行動すればよいのだろうか。

集合住宅における水漏れ事故の典型的な例としては、外出時に風呂等の栓をしたまま水を出しっぱなしにしてしまい、排水口が何らかの理由で詰まったことから水があふれてしまった、という事例が挙げられる。この場合、室内に溜まった水は床面や壁面などの僅かな隙間から住宅の内部に侵入し、下層階の天井部から下層階に直接水漏れとして被害を与えるのである。場合によっては照明器具等が水を被ることによる漏電の危険もあるため、非常に危険な事例と言っても差し支えないだろう。

このような場合、下層階の住人が取ることのできる対策としては、次のようなものが挙げられる。まず、水漏れを発見したらすぐに、当該箇所のブレーカーを切ることである。これにより、漏電による火災や感電等の発生を防ぐことが出来るのだ。次に、水漏れの発生している箇所にある電化製品等を出来る限り別の場所に移動させ、水漏れの水が一か所に溜まるようバケツ等を速やかに設置することである。これにより、物損事故を未然に防ぐことが出来る。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ