たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > その他 > 生活インフラである水道の水漏れ工事の分担区分とは

生活インフラである水道の水漏れ工事の分担区分とは

水道は、生活に不可欠の重要な社会インフラであり、また体重の60パーセントほどが水分で出来ている人間の健康にとっても重要なものです。安定した供給とその安全な水質の維持は、何よりも優先されることであり、水漏れなどの不具合の対処法は、生活の知恵のひとつとして留意しておく事でしょう。地震や冬季の凍結などによる公道での水道管からの水漏れは、地方自治体の水道局の担当であり、影響する範囲が広いので、見つけたらすぐさま水道局への連絡が必要でしょう。

一方で、宅地内での水漏れの場合は、水道メーターから道路側では、通常は、水道局で修理可能な場合は無料で施工します。しかし、水道メーターから蛇口側では、水道局では修理できず、水道工事店に依頼が必要となります。因みに、漏水の有無の確認方法は、全ての蛇口を閉めて、水道メーターの中央部にあるパイロットが回転している場合、漏水の可能性があります。漏水修理が完了したら、修繕工事届出書を提出することで、水道料金を一部減額できるサービスがあります。

また最近は、漏水とは別に、宅地内給水管に関するサービスとして、鉛製給水管の改良に関する工事助成制度もあり、これは使用者の費用負担の軽減を図るため、水道局が算出した工事費の半分を助成するものです。これには、掘削せずに鉛製給水管を改良するパイプイン・エコ法という工法があり、水道メーターを取り外し、その前後から鉛製給水管の中に合成樹脂製の管を押し込んで内側を被覆し、鉛の溶出を低減させる簡易的な工法です。このようなサービスを利用することも生活の知恵のひとつでしょう。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ