たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > その他 > 水道管の更新時期を迎えた水道工事のプロセス

水道管の更新時期を迎えた水道工事のプロセス

安定した給水と安全な水質という使命を背負う重要な社会インフラである水道事業は、その維持のため、常に水道関連施設の更新工事が必要とされます。最近は、災害に強いライフラインの構築が急がれ、また高度成長期に施工された多くの設備が更新時期を迎えるなど、今後広範囲の水道工事が予定されています。例えば、水道管ひとつ見ても、取水地点から浄水場までの導水管、浄水場から配水池までの送水管、配水池から各家庭の分岐部分までの配水管、そして配水管の分岐部分から蛇口までの給水管と幅広いものです。

これらを含めた水道関連施設の老朽化対策と耐震化の点から、日本全体が抜本的な更新・改築の時期を迎えています。また、宅地開発の進展で、新たに水道管を埋設する工事も増えています。このような水道工事のうち、標準的に行われている老朽管を取り替える更新工事について、調べてみました。その難しさは、今ある水道管を使いながら、新しい管を埋めて古い管を取り除くため、新しい管を埋めるだけの工事に比べ、時間が長くかかってしまいます。また、水道工事中に、人や車が通行できるように、工事の度に地面を掘ったり埋めたりする作業を4回も繰り返すことになります。

このような水道工事の施工順序は、まず、試掘工事で、道路の下に埋まっている管路などの正確な位置を調査してから、一時的な道路の復旧を行い、通行を確保します。次は配水管新施工で、新しい水道管を設置してから一時的な復旧を行います。続いて、給水管取付け替工事で、各家庭からの給水管を新しい水道本管に付け替え、一時的な道路の復旧を行います。そして、既設配水管撤去工事で老朽管を撤去し、一時的な道路の復旧を行い、最後に、これまで暫定的な復旧を行っていた道路を本格的な舗装に戻します。このように、更新の水道工事には、給水と通行を現状維持しながら行うため、手間と日数がかかるという特徴があります。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ