たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > その他 > 排水口をキレイにお掃除する方法

排水口をキレイにお掃除する方法

配水管が詰まらないようにする為には、日常的に排水口をきれいにしておくことが大切です。
排水口はこまめに掃除をしていると、ヌメリなどが発生しないので数分で手軽にきれいにすることができます。

排水口の掃除の基本は水洗い、汚れがひどい時は重曹とクエン酸を使いましょう

キッチンの排水口の場合は、排水口の蓋、ゴミ受けのバスケットと排水トラップ、浴室の排水口の場合は排水口の蓋、ヘアキャッチャー、排水トラップの部品、浴槽の排水口の場合は、排水口のキャップと整水ピースやゴミフィルター、洗面所の場合は、ゴミ受けを取り外し、水洗いします。
汚れがひどい場合は、バケツに取り外した部品を入れて重曹をふりかけ、その半分の量のクエン酸液、又は酢を注いで数十分放置した後水で洗い流し、網目などに汚れが残っていたら歯ブラシでこすり洗いします。
排水口の中も同じで、スポンジで水洗いしても落ちない場合は、重曹をふりかけ、その半分の量のクエン酸液、又は酢を注いで数十分放置した後水で洗い流し、汚れが残っていればスポンジでこすり洗いします。

配水管が詰まってしまった場合はラバーカップや真空式パイプクリーナーを使います

配水管が詰まってしまい、排水口に図が流れなくなってしまった場合は、ラバーカップや真空式パイプクリーナーなど、吸引する働きのある道具を使います。
ラバーカップというのは、主にトイレで使われる先端にゴムのカップが付いている道具で、真空式パイプクリーナーというのは、注射器の先にゴムのカップが付いているような構造で水を吸い上げる道具です。
どちらもゴムのカップを排水口に押し付けて中に詰まっているものを吸い上げることで詰まりを解消する働きをします。

配水管の詰まり防止に使わない方が良いのはホームセンターに売られているワイヤー型のパイプクリーナーです

ワイヤー型のパイプクリーナーというのは、ワイヤーの先端にらせん状の針金が付いている道具で、配水管のカーブの部分にも届き、配水管内の掃除をする道具です。
専門の業者が使っているワイヤー型のパイプクリーナーは非常に優秀ですし、専門の業者は作業になれているのでワイヤー型のパイプクリーナーで配水管内をきれいにすることができますが、ホームセンターなどで購入できるワイヤー型のパイプクリーナーは作りがそれほど綿密にできていないこと、慣れない人が作業をすると配水管を傷めてしまい、事態を悪化させる恐れがあることから、ワイヤー型のパイプクリーナーでの配水管の掃除はお勧めできません。

排水口の掃除は、重曹とクエン酸を使うときれいにすることできます。排水口に汚れが溜まり、配水管が詰まってしまった場合には、ラバーカップや真空式パイプクリーナーなどで吸引して詰まりを解消しましょう。ワイヤー型のパイプクリーナーは家庭で使うと、配水管を傷める恐れがありますので避けた方が無難です。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ