たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > その他 > 屋外用蛇口の設置方法とは

屋外用蛇口の設置方法とは

Hnde waschen

屋外用蛇口には、立水栓と散水栓があります。

敷地内の条件や水栓を使う目的に合わせて使いやすい水栓を設置します。

設置方法は、立水栓は柱状の水栓を立てて設置し、散水栓は地面に水栓ボックスを作って設置します。

 

 

立水栓と蛇口の種類

 

立水栓とは水栓柱とも呼ばれる水栓のことで60cmから120cm程度の柱状の水栓に蛇口が付いています。

庭に水を撒く、泥つき野菜を洗う、子どもの運動靴を洗う、車を洗うなど、屋外家事には大変便利な水栓です。

立水栓は屋外で水を出すという目的の為に設置するものですが、敷地内の雰囲気をより良く演出するという効果もある為、庭の雰囲気に合わせた様々なデザインの立水栓があります。

立水栓はほとんどの場合シンクやパンと組み合わせますが、シンクやパンも様々なデザインが揃っていて、素材も陶器製、銅製、タイル張りなどいろいろな種類があります。

また、立水栓には水だけが出る単水栓の他に、夏場子供が庭のプールなどで遊んだ後や、ペットを洗う時の為に、お湯のシャワーが出るようになっている混合栓の立水栓もあります。

立水栓と散水栓を比較した時のメリットは、使うたびに蓋を開けなくてもすぐに散水ホースを繋げることができることですが、設置する位置によってはじゃまになる、冬場凍結する恐れがあるというデメリットもあります。

その為、寒冷地であれば、凍結防止機能のついた立水栓を使用すると安心です。

立水栓の蛇口は一般的な横水栓、吐水口が回転する万能ホーム水栓などがあり、一つの水栓に複数の蛇口が付いているタイプもあります。

 

 

散水栓と蛇口の種類

 

散水栓とは地面に設置された散水栓ボックスの中についている水栓のことです。

通常の蛇口とは違い、ホースと接続しやすいよう斜め上向きに吐水口がつけられています。

敷地内に立水栓を設置するだけの余裕がない場合や、立水栓とは別に洗車用の水栓が欲しいが、車の出し入れのじゃまにならないようにしたい場合などには、散水栓が便利です。

散水栓はコンクリートの場所に設置されていれば問題ありませんが、土の地面に設置されていると、夏場は散水栓ボックスの周囲にも草が生い茂って蓋が開閉しにくい、ホースと繋ぎにくいなどのデメリットがありますが、冬場は散水栓ボックスの中に凍結防止用の布類や発泡スチロールなどを入れて置くことよって凍結を防ぐことができるので立水栓と比較して凍結しにくいというメリットがあります。

 

 

屋外用の蛇口には立水栓と散水栓があり、立水栓は水栓柱を立てて設置し、散水栓は地面に水栓ボックスを埋め込んで設置します。敷地の広さや用途に応じて使いやすい水栓を設置しましょう。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ