たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > キッチン > ハンドルを閉めた状態での水漏れの修理方法

ハンドルを閉めた状態での水漏れの修理方法

水道の蛇口として家屋内で多いタイプのものは、混合栓と呼ばれるものが主流になっています。特に混合栓では複数の可動部分を有しているために、時には水漏れが発生してしまうことがあります。水漏れに関しては漏れている箇所や状態によって原因や対処方法が異なります。水を開閉したり水の量を調節するためのハンドル部分を、閉めた状態でも起きてしまう水漏れの対処方法を説明します。この場合では放置しておくと節水に反することになるので早期に修理を行う必要があります。

修理の方法としては、ハンドル部分を確実に閉めた状態を保ちます。その上で水漏れを起こしている部分を点検します。殆どの場合では、水道蛇口の出口から水が流れ出る場合と、水栓を取り付けている、水道管へと繋がる部分に分かれることになります。水道蛇口の出口から水が流れて止まらない場合では、ケレップとも呼ばれるコマを交換します。ケレップはハンドル内の最下部に位置しているもので、ハンドルを外してカバーナットを外し、引き抜くとケレップを取り出すことができます。

ケレップに関しては、いくつかの種類があるので、判別できない場合では、取り外した上で、直接ホームセンターなどに持ち込みをして購入することがお勧めとなります。取り付け方法は外した時の逆の手順となるので簡単に作業が行えます。また、水道管との接続部分から、水漏れが発生している場合では、一般的な単水栓では根本のナットを回して外し、混合栓の場合では、まずクランク部分を残して蛇口を取り外すことが必要です。修理方法は共に、シールテープの巻き直しで対処することが可能です。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ