たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > キッチン > 蛇口の水漏れとパッキンの緩みの関係性

蛇口の水漏れとパッキンの緩みの関係性

蛇口の水漏れとパッキンの緩みについて記述する時、水が蛇口の接合部分から漏れている場合と、きちんと蛇口を締めることができずに、水道のノズルの部分からぽたぽた水が少しずつ流れている場合と、大きく二つの状態になること、それに伴って修理の方法が変わるのかということについて確認することは、特に水漏れ修繕業者へ依頼をするとしても、自分で修理をするとしても重要ではないでしょうか。蛇口の手を架けるところの内側のゴムが緩むことが原因でも、出る症状が二つあるのです。

 

蛇口を固く締めて、水漏れ箇所を探す時に、持ち手の接合部分から少しずつ水があふれてくるような場合であれば、中の構造にある程度の知識と理解があれば、修繕の方法や必要なパーツについて想像ができますし、対応に困難さを覚えることは少ないものです。しかしノズル部分から水が止まらないと、持ち手の接合部分からノズルまでの間にパーツの継ぎ目があるかないかによっても異なりますが、水が漏れる原因となる箇所が複数ある為、それを一つ一つ点検しなければなりません。

 

洗面台のシャワーヘッド付きの水道などは特に、手元で水を出したり止めたりすることができるので、接合箇所が多くなります。水漏れがあると、調べる部分が多くなり、まず一か所を付け替えて、また後日に別の箇所を修理する必要が出てくることもあり、そうなると一か所ごとにパーツが違うので、何度もお店に必要なものを買いに行く手間が増えて、自分でする方が費用が掛からないと分かっていても、その修理が完了するまで満足に水道が使えない場合にはかなり苦労をしてしまいます。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ