たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > キッチン > 排水口のつまりの原因について

排水口のつまりの原因について

流し台やお風呂場などの排水口は年月が経つにつれて、つまりやすくなっていきます。排水口がつまると、臭いのもとになったりすることはもとより、最終的には水が流れていかなくなるため、非常に不衛生な環境になってしまいます。そのため、排水口は定期的に洗浄するなどして、つまりが起こらないようにする必要があります。つまりが起こらないようにするには、何故つまりという現象が起きてしまうのかを理解しておかなければなりません。

まずはじめにつまりが何故おきてしまうのか簡単に説明させていただきます。お風呂場などで、壁が少し黒ずんだりしている状態をみたことはあるかと思います。カビ以外に、水垢が原因で汚れているのです。排水口も同様に、排水の配管内壁にどんどん水垢がたまっていきます。すると、ゴミなどがくっつきやすくなってしまいます。お風呂場では人の髪の毛などが多く抜けて、排水口へ流れていきます。その抜け毛は、水垢に付着するなどして蓄積していき、やがては排水口を塞いでしまいます。

排水口のつまりを予防するためには、排水の配管内壁に水垢がたまらないようにする必要があります。水垢を取るための洗浄剤が販売されていますので、その類の洗浄剤の使用をお勧めします。なお、水垢の他に物理的に流れないゴミを流すなどした時も当然つまってしまいます。排水口のつまりの原因は様々ですが、定期的な洗浄や清掃などで予防することができるので、不衛生な環境を生み出さないようにするためにも、常に実践できるように心がけましょう。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ