たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > 蛇口交換 > 蛇口の修理および交換はどうするか?

蛇口の修理および交換はどうするか?

蛇口という丈夫なものが壊れる事態はあまりないと思うが、先日我が家では蛇口が壊れた。どんなふうにかというと、押し上げるレバーが、押し上げた勢いでそのまま外れてしまうのである。聞けば、阪神大震災以降、災害時にも水が出しっぱなしにならないように(そのときは押し下げて水が出る方式の蛇口から、たとえば落下してきた物のせいで栓が開きっぱなしになり、ずいぶんな量の水が無駄に流れてしまったので)、今レバー水栓の主流は断然、押し上げて水が出る方式だそうだが、我が家の蛇口は古いタイプで、押し下げたとき水が出る方式である。

押し上げた勢いでレバーが飛んでも、水は取り敢えず止まるので、多少不快な思いはするもののいまだ修理するに至っていないが、この方式に不便も感じるので、いっそ修理でなく交換という手もあるかなと少しばかり迷いが生じた。そのために、いろいろと話を聞いたりカタログを取り寄せてもみた。その結果、新しい蛇口はどれも思ったよりずっと進化していることがわかり、驚くばかりであった。蛇口というと捻って開ける太いプラス型の金属製取っ手、というイメージだったが、もはやそちらの方が珍しかった。

いまでは形状や方式はもちろんのこと、機能もいろいろで、とことん自分好みにカスタマイズできるようだ。シャワー付きのものや、浄水器に繋げるなどは序の口で、従来の混合水洗の欠点を改良し、水の出る範囲を広げて、気づかないまま給湯器が作動してガスを無駄にしないような、省エネまでしっかり視野に入れて作られたものさえある。蛇口も時代に合わせてどんどん賢く、ストレスフリーになっていくようだ。現実にかえって、蛇口の修理をしなくてはならないが、それよりやはり交換しようかとつい欲張ってしまうほど、ちかごろの蛇口は性能がいい。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ