たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > 蛇口交換 > 様々な形状の蛇口の修理と交換の方法

様々な形状の蛇口の修理と交換の方法

蛇口には様々な形状のものがありますが、水漏れなどで修理や交換が必要となる場合では、一定の知識も必要となります。屋外などに設置されていることの多い立水栓では、構造がシンプルで地中から垂直に伸びる水道管に接続されています。水漏れが発生している場合では、該当する箇所のパッキンを交換することが必要で、使用する工具はウォーターポンププライヤー、若しくは一般的なレンチでも修理を行うことができます。立水栓の場合では蛇口ごと交換することも簡単に行えます

浴室に設置されている蛇口では、壁面から繋がる混合栓が多いのですが、水漏れの修理に関しては立水栓と同様に水漏れが発生している箇所に該当するパッキンを交換します。また一般的に蛇口の寿命は10年ともいわれているので、長い年数が経過したものでは、新たな蛇口へ交換することが必要です。浴室の混合栓の場合では、壁に設置されているクランク部分を残して、蛇口本体を取り除いた後に、クランクを外すと簡単に交換作業を行うことができます

キッチンや、洗面台での蛇口の場合で多いものは、真下に水道管が繋がるタイプです。浴室での混合栓との違いは、設置方法にあり、蛇口を固定しているナットは表面には出ておらず、キッチンと洗面台共に、台の裏側を覗くとしめつけナットを見つけることができます。水漏れの修理に関しては他の蛇口と同様の作業を行いますが、交換で修理を行う場合では、狭い部分での作業も想定されるために、一部では専用工具が必要な場合もあります。水道関連で修理、交換などの作業を行う場合では、水道の元栓や止水栓を閉めて作業することが必要です

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ