たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > 蛇口交換 > 一般的な壁付き混合栓の水漏れの修理方法

一般的な壁付き混合栓の水漏れの修理方法

浴室などに設置されることの多い、一般的な壁付きタイプの混合栓で、水漏れが発生した場合での修理方法があります。水漏れの修理として、蛇口周りを取り外す作業を行う前には、忘れずに止水栓を閉めることが必要です。水漏れの箇所として、水栓ハンドルの付け根部分から、水漏れが発生している場合では、水栓ハンドル内のパッキンを交換することが必要です。交換方法は、ハンドル上部にあるキャップを外し、ビスを取り外すとハンドルが外れます。

ハンドルを取り外すと台座のようにカバーナットと呼ばれるものがあるので、レンチを用いて外すことが必要です。カバーナットの下にはパッキンがあるので同等のものと交換します。蛇口のパイプの根本から水漏れが発生している場合では、パイプの根本にあるパイプナットを取り外し、接合部分にあるパイプ取り付け用のパッキンを同等のものと交換することで修理を行うことができます。パッキンはゴム製なので経年劣化によって、傷みが発生するものなので、交換することによって正常に機能することになります。

蛇口の本体と、壁に接続されているクランク部分との境界に水漏れが発生している場合では、少し手間の掛かる作業が必要です。ウォーターポンププライヤーなどを使用して、クランク部分との境界にあるナットを取り外すことが必要です。蛇口本体が取り外せると、クランクとの接合部分にゴム製のパッキンがあるので、新たなものへ交換します。これで修理は完了ですが、作業中にクランクを動かしてしまうと、壁との境界部分から水漏れが起きてしまう可能性もあるので、注意が必要です。心配ならば、クランクも取り外し、新たにシールテープを巻くと問題なく使用することができます。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ