たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > 蛇口交換 > 単水栓の蛇口の交換方法は!

単水栓の蛇口の交換方法は!

単水栓の蛇口を自分で交換する方法があります。まず、単水栓とは大抵は水のみを出すことのできる水栓蛇口で、現在では浴室やキッチン、洗面台などでは混合栓を使用していることが多いためにあまり見かけ場面がありません。しかし戸建住宅では屋外に設置されている蛇口に関しては、単水栓を用いている場合が多くあります。単水栓の蛇口の構造としては、水道管から接続する部分の本体と、水の開け閉めを行うハンドル部分、そして直接水が出るパイプの部分に分類されます。

 

交換が必要な場面としてはパイプ部分が稼働式なので、緩みなどが発生したり、場合によっては経年劣化により、折れてしまうこともあります。また、ハンドル部分に関しても回転の具合が悪くなったり、根元付近からの水漏れが止まらない現象も発生することがあります。交換するためには、ウォーターポンププライヤーが必要ですが、一般的なモンキーレンチでも作業を行うことは可能です。ただし、レンチの内側に刻みなどがある場合では布などを巻き付けて使用することが望ましいことです。

 

実際の交換手順では、まずは止水栓を閉めて水の流れを止めておきます。古い蛇口はレンチで回し外します。新たな蛇口に関しては、水道管の太さによって種類があるので、適合するものを選択します。ネジ切りをしてある部分には、シールテープを巻き付けることが必要です。シールテープはホームセンターなどで手に入れることができ、巻き方は時計回りに巻き付けることが基本で、3周から4周は巻いておきます。その後は水道管に接続するのみなので、簡単に施行できます。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ