たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > 蛇口交換 > 蛇口の水漏れはパッキンの劣化が主な原因だと思います

蛇口の水漏れはパッキンの劣化が主な原因だと思います

蛇口の水漏れはパッキンの劣化が主な原因だと思います。私も今までに、何度か蛇口の水漏れを修理したことがあります。蛇口のパッキンはOリングと呼ばれるゴム製の物で、何年も使っているうちにどうしても劣化が進んでしまうのです。蛇口からの水漏れは水の無駄遣いでもありますから、できるだけ早く修理したいものです。そして、Oリングの交換ぐらいならば、誰でも簡単にできると思いますので、是非やってみるとよいと思います。

蛇口の水漏れの修理は、まず水道の止水栓を閉めることから始まります。水道の止水栓はそれぞれの蛇口の下の方に付いている場合もありますし、大元の止水栓を閉めないといけない場合もあります。例えば、洗面台の下にある扉を開いてみて下さい。水道管が洗面台に向かって立ち上がっているかと思います。そして、その途中に止水栓が付いているかどうかを確認してみて下さい。もし付いているとしたら、蛇口の水漏れはすぐに修理すことができると思います。

水道の止水栓を閉めて、今度は蛇口の上蓋を開けるのですが、この作業には、六角レンチかモンキースパナが必要です。六角レンチやモンキースパナは少し大きめでないと、蓋を開けることができないかも知れません。プライヤーで開けることもできますが、プライヤーを使うと蛇口の蓋が傷ついてしまいます。もし丁度よい大きさの六角レンチやモンキースパナが無い場合は、これからのために、一つ購入しておくとよいでしょう。蓋を開けて栓を抜くとOリングが付いていますか、らこれを新しい物と交換すれば水漏れはしなくなるはずです。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ