たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > 蛇口交換 > ある日突然蛇口が壊れ、シャンプードレッサーごと交換しました。

ある日突然蛇口が壊れ、シャンプードレッサーごと交換しました。

夏に帰省した時のことです。わたしの実家はシャンプードレッサータイプの洗面台となっていて、蛇口部分をひっぱると中からアルミのホースのようなものが出てきてシャワーとしても使えるというタイプのものでした。

そのホース部分が少しだけ見えていたため、4才になる娘が主人に「ここは何なの」ときいてきたため、主人も「こうやって引っ張るとホースがでてきて、お風呂のシャワーみたいにして使えるんだよ。」などと話をしながら水を使用していました。

そのすぐ後、息子が歯磨きのうがいをしに洗面所に行ったのですが、全く水がでないという事態になりました。それまで何の異常もなく使えていたので、不思議に思い洗面所の下の扉をあけて調べたところ何ともありません。元栓を触ってみましたが、特に変化も起きませんでした。不思議に思いながら、蛇口部分を引っ張ってみたところ、そのままスルスルと抜けてしまったのです。そう、先ほど引っ張った為か、アルミのホース自体がちぎれてしまっていたのです。

結局、元栓だけはしめて、修理業者さんに電話してきてもらいました。ちぎれた蛇口の部品があれば交換可能とのことでしたが、設置してから15年ほど経つドレッサーです。メーカーにも交換部品の在庫がなく、結局シャンプードレッサーごと全て交換することとなりました。確かに、あまり大手でないメーカーの製品でしたので、そう部品もなかったようです。水道周りも老朽化が進むと、ある日突然壊れてしまうということが起こるのだと実感した出来ごとです。突然起きる事態にあせらず対応できるように、日頃から修理屋さんの連絡先などを確保しておかないといけないと、あらためて感じました。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ