たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > お風呂 > 水漏れの体験で考えた事

水漏れの体験で考えた事

毎日当たり前のようにあらゆる場面で水を使っています。水漏れや詰まりがなく順調に流れていく事を当然と受け止め、日々の暮らしを送っています。しかし水が滞ると日常生活は立ち止まってしまうのです。 水は流れていくものですが、水のトラブルで思いつく事は流れが止まる詰まりです。キッチンであろうとお風呂や台所であろうと、止まってしまうと何も出来なくなります。故障は何でも困るのですが、水においてのトラブルは待ったなしです。夜間に起きると特にどうしようもないものです。

私自身が悩まされたのは水漏れです。排水の流れがどうなっていたかは分かりません。ですが、浴槽の水を抜くとなぜかその水が玄関に流れ出た事が何度かありました。最初から抜いても流れないならすぐ気づきますが、流れはするので気に留めてませんでした。少し経って外出しようかと玄関に行ったら、玄関に水が溜まっています。一瞬雨漏りかと考えましたが、雨も降っていません。急いで対応してくれる業者に連絡を取り、原因の確認をしてもらいました。

配水管が錆びて流れる水路が細くなっている為に、一気に流すと流れ切れない分が玄関に行くと分かりました。中を掃除してもらい、流す時にも栓を傾けるようにして少しずつ流すと水漏れがなくなりました。 普段何でもない時は意識もしませんが、トラブル後は水が普通に出て流れてくれる事に有難さを感じます。点検による断水でも使えない不便さを感じ、いかに水に依存しているかが分かります。水漏れなどのトラブルは嫌ですが、水の大切さを感じ節水に努めようと思わせる良い機会にはなりました。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ