たしかな安心感・嬉しい低価格!トイレつまりのことなら水道救急車!

トイレのつまり(詰まり)、トイレのトラブルは早くて安心、低価格で水道局指定工事店の水道救急車
03-3659-6271
お問い合わせはコチラ

ホーム > トイレ > トイレにつまりが発生した場合に行う対処方法とは?

トイレにつまりが発生した場合に行う対処方法とは?

トイレにつまりが発生してしまった場合に行いたい、対処方法があります。まず、トイレのつまりの原因として挙げられることには、トイレットペーパーなどの紙類や排便などの日常生活では常に考えられる内容と、幼児などが居住している家庭では、誤って玩具などを便器内に落としてしまうこともあります。つまりの原因となるものに対しても解決策は変わりますが、まずはラバーカップを使用する方法があります。ラバーカップはトイレのつまりの対処法としては最も基本的な道具で、ホームセンターなどで販売されています。


ラバーカップの使用方法は簡単で、先端のゴム製のカップ部分を排水口の上に押し当て、一気に引き抜く作業を続けます。大抵の場合では異物が逆流して戻るか、トイレットペーパーなどでは押し流すこともできます。ラバーカップを使用しても解決しない場合では、特殊な道具で真空ポンプがあります。基本的に行う動作はラバーカップと同様のものですが、吸引力が強いことが特徴です。使用方法はラバーカップ同様に排水口に押し当て、ハンドル部分を引き上げる作業です。


他にはワイヤーブラシを使用して、つまった異物を押し込むか、引っ掛けて戻すことも不可能ではありませんが、どうしても解決しない場合では、便器を取り外してしまう方法があります。便器の取り外しには、水道の元栓や止水栓を閉め、水栓タンクを水道管から外すことが必要です。便器は床にナットで止められているので、ナットを外します。出来るならば便器内に残る水を汲み上げることが必要となります。便器は真上に持ち上げると簡単に外すことができ、異物を直接除去することができます。

トイレ詰まりのことなら水道救急車

ページトップへ